消費と浪費と投資の違い

公式LINEマガジン
アフィリエイト教材を無料で
プレゼントしています。
友だち追加

お金の使い方には大まかに3通りあります。
ご存知でしたか?
あなたが普段何気なくつかっているお金は

生き金か?

それとも

死に金か?

是非今回のテーマでもある
「消費と浪費と投資の違い」
をしっかりと理解しましょう。

具体的な違いとは!?

上記でお金の使い方は3通りあるといいましたが
投資についてはなんとなくわかると思います。

後ほど解説します。

しかし、消費と浪費の違いをあまり理解できていない方が
ほとんどではないでしょうか?

そこでまずは消費と浪費の違いから解説していきます。
実は全く意味が違います。

消費とは

消費とは、使ったお金=価値

例えば2万円のテレビを買い値段にあった価値のテレビだとしましょう。
これは消費に入ります。

他にも毎月の携帯代などの通信費用も消費に入ります。
要は、支払ったお金と同じ価値のものが消費と言えます。

浪費とは

浪費とは、使ったお金>価値

あなたの旦那さんは夜な夜なキャバクラ通いや
毎日パチンコで負けて帰ってくる
なんてことはないでしょうか?

特にパチンコはギャンブルです。

勝つか負けるかわからないギャンブルは浪費の
代表的な例です。

浪費とは、使ったお金以下の価値のことを表します。

消費と浪費の違い

ざっくりとまとめますが

消費とは、使った金額=得られる価値
浪費とは、使った金額>得られる価値

もしあなた自身が浪費者であれば将来的に
かなり苦労する人になるでしょう。

そうならないためにも次の投資について
しっかりと呼んでください。

投資とは

使った金額以上の価値を得られることを指します。

あなたの身近なもので例えると美容室に行くこと。

これも一種の投資と言えます。

髪の毛を整えることにより清潔感が出て
外見的にもよくなると思います。

人は外見で判断されます。

メラビアンの法則というものがありますが、

人の印象は、
見た目55%
声38%
内容7%

という法則があります。

人は見た目で全てが決まってしまうということが
わかると思います。

そもそも外見が良くないと中身なんて
知ろうとも思わないと思います。

こういったことから容姿にお金をかけることは
投資とも言えます。

また投資とは、新たな収入源を増やすために資金を
投入する場合にも良く使われます。

この場合はネットビジネスで例えると自己投資ですね。

積極的に自己投資をしよう!

今回のテーマである

「消費と浪費と投資の違い」

については理解できましたか?

自己投資をすることの重要性。
新たに収入源を増やすのであればこの自己投資が
絶対的に必要不可欠になってきます。

アフィリエイト自体はスマホやパソコンの
ネット環境があればどこでもできますが
どうしても知識不足なためイマイチ何から始めれば
良いかわからない。

このような方がたくさんいます。

だからこそ知識に投資をする必要があります。

しかし、お金がなくて自己投資が中々できない。
そんなかたが多くいると思います。

そのような方のために初心者でもアフィリエイトが
今すぐできるようにアフィリエイトマニュアルを
僕のLINEマガジンに友達追加してくれた方限定で
無料でプレゼントしています。

是非受け取っていただければと思います。

友だち追加

浪費家のあなた必ず理解できるまで何どもこの記事を
読み直すことをお勧めします。

LINEで直接僕とやりとりできます。

友だち追加

無料メールマガジン

僕が行うアフィリエイトに興味を持った方は
下記からお問い合わせください。

関連記事

LINE@

友だち追加

Twitter

お問い合わせは

ページ上部へ戻る