リーマンショックは人工的に仕組まれていた?

公式LINEマガジン
アフィリエイト教材を無料で
プレゼントしています。
友だち追加

リーマンショックをあなたはご存知ですか?

当時僕は確か高校一年生でした。
高校一年生の2月に中退してしまい中退した次の日に
塗装工をやることになりました。

職人業です。

しかし、当時は100年に一度の大不況と言われていました。
仕事が中々なかったことを覚えています。

当時の僕はそれがリーマンショックだったなんて知らなかったです。
経済に興味がなく朝早くに家を出て遅く帰ってくる生活をしていたので
帰ってきてもテレビを見ずに寝る。

そんな毎日を過ごしていました。

しかし、100年に一度の大不況なんだな。
ぐらいでは思っていました。

リーマンショックを知ったのはネットビジネス業界に
足を踏み入れてからです。

だいぶ無知な少年でしたよ。

さて、今日はそのリーマンショックが実は人工的に仕組まれていた
のではないかという都市伝説があるので今回記事に書きます。

知っている人も中にはいるのではないでしょうか?

今回の話をするにはまずあなたにリーマンショックについて
理解してもらわなければなりません。

と、その前にリーマンショックの前にサブプライムローンについて
あなたに理解をしてもらわなければいけません。

サブプライムローンとは、
・低収入者
・貧困層
・社会的に信用があまりない人

向けのローンがありました。

一般のローンよりは利子が高いです。

その大元になったのが
リーマンブラザーズ
(アメリカのニューヨークに本社があった大手の銀行会社)

当時アメリカの土地価格は上昇していたので
貧乏人の人たちは土地が高くなったら売って儲けたり
借金を返そうとしていました。

それとは真逆で土地価格は下がってしまいました。
日本は基本的に家売る際にローンが残っていたら
払わなきゃいけません。

当たり前ですよね。

しかし、アメリカは家を手放したらローンが残っていても
払わなくて大丈夫なんです。

これが問題ですよね。

ローンが残っているのに家を手放す人が続出します。
そのせいでサブプライムローンの大元のリーマンブラザーズが
借金まみれになり経営が悪化する。

のちのリーマンショックに繋がる。

とかなり簡単な話になってしまいましたが
ここからが本題なんです。

もっと詳しく知りたい方は調べてください。

リーマンショックについてはなんとなく理解していただけたと思います。

サブプライムローンが発端となり
その大元のリーマンブラザーズが経営悪化。

↑あまりにも簡単に略しすぎましたねw

『リーマンショックは人工的に仕組まれていた?』

あなたは信じますか?

ではなぜこんなにも世界を不況にしてしまった
リーマンショックを人工的に起こす必要があったのか?

リーマンショックにより多くの人が職を失い
再就職もままならない状況に陥りました。

そんな不況とは裏腹に兵士を大量に募集をしていました。

不況で仕事もない中、兵士になれば高い給料、福利厚生
医療費が無料になります。

アメリカは保険証がないので医療費高いですよね。
医療費は確か全額負担です。

なので各会社にヘルスコンサルタントという
体調管理をしてくれる人がいます。

アメリカは非常に貧困層を作ることのできる
システムになっています。

そこで起こったのがサブプライム問題。

貧困層にお金を貸し家を建てさせ破産させる。

ここでお気づきの人はいたのではないでしょうか?
リーマンショックとは兵士をたくさん作るために
計画的に仕組まれたと言う事実。

貧乏人を量産し不景気の中次々に失業者ができ
再就職はおろか、そんな中兵士は待遇が良い。

あなたはこの事実を信じますか?

世界にはこのような人工的に起こされた問題
が数え切れないほどあります。

熊本地震や東日本大震災。
あれは本当に天災なのでしょうか?

ここでキーワードになってくるのが
人口削減です。

もし人工的に仕組まれていたのなら
あなた本当に信じますか?

PS,人口削減については後ほど時間があるときに
書こうかなと思います。

金子大祐

ブログランキングにご協力ください!

ポチ↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

スポンサーリンク



LINEで直接僕とやりとりできます。

友だち追加

無料メールマガジン

僕が行うアフィリエイトに興味を持った方は
下記からお問い合わせください。

関連記事

LINE@

友だち追加

Twitter

お問い合わせは

ページ上部へ戻る