最強の勉強法を教えます

公式LINEマガジン
アフィリエイト教材を無料で
プレゼントしています。
友だち追加

あなたは最強の勉強方法を知っていますか?

日本人は本当に勉強のやり方が下手くそです。

この記事を書いてる僕も日本人ですが、、、。

でもこれ真面目に言ってますよ。
本当にこれからお伝えする勉強法は知っていて損ないですよ。

今の中学生や高校生に教えてあげたいくらいです。

そしてその最強の勉強法とは、

『アウトプット』

です。

中には知っている人もいるかもしれませんね。

アウトプットの反対にインプットという言葉があります。

インプットは知識を入れたり学ぶことです。
ただ日本人はインプットだけで終わってしまうんです。

中学生や高校生の英語の授業で例えましょうか。
同じ授業を学んでいるのに覚えが早い人と遅い人の
二つに分かれると思います。

そして覚えるのが早い人は必ずアウトプットをしています。

絶対に。

要するに覚えるのが遅い人はインプットしかしません。
インプットして満足してしまいます。

例えばスペルの単語を書いたりなど。
apple,apple,apple,apple,apple

と5回書いたとしましょう。
覚えが悪い人は書いただけで満足してしまいます。

覚えが早い人は必ずappleと言葉に出して
アウトプットします。

要するに日本の学校では英語の授業でまず紙に書かせます。
僕の意見を言うと英語の授業は紙とペン一切いらないのではと
思ってしまいます。

とりあえず生徒さんの口からひたすらアウトプット
させる実践形式で授業を行った方が良いのではと思ってしまうんですよね。

そして、赤ちゃん。
赤ちゃんはどうやって日本語覚えますか?

赤ちゃんがまず覚える言葉は、
ママ、パパ、じいじ、ばあば、
などではないでしょうか?

それって紙とペン持たせて赤ちゃんに書かせますか?
書かせないですよね。

あなたにこの意味わかりますか?
赤ちゃんは無意識に親からの言葉を
インプットして言葉でアウトプットしているんです。

だから日本語は日本語の授業なんてやらなくても
勝手に覚えるんですよ。

ただ、英語の授業になるとまず紙とペンからになるんです。

あなたもこれから勉強するときはインプットだけでなく
アウトプットを意識してみては今がですか?

僕自身アウトプットを知ってから覚えが早くなりました。
とりあえずインプットしたら言葉に出す。

これだけです。

是非取りいれてみてください。

engeng

まさしく画像の通りですね。

インプットしかしていないとキャパオーバーになってしまいますからね。

金子大祐

ブログランキングにご協力ください!
ポチ↓↓

人気ブログランキングへ
————————————————-
【LINE@】
スマホの方はワンクリックで登録できます。
http://line.me/ti/p/%40dfv4029f
ID検索の場合は
@dfv4029f
必ず@を入れてください。

スポンサーリンク



LINEで直接僕とやりとりできます。

友だち追加

無料メールマガジン

僕が行うアフィリエイトに興味を持った方は
下記からお問い合わせください。

関連記事

LINE@

友だち追加

Twitter

お問い合わせは

ページ上部へ戻る